gyouseiyamada’s blog

神戸の行政書士山田義範のブログです。ホームページはhttp://www.gyouseiyamada.jp/です。

大川村が村総会の設置検討

最近の新聞やテレビニュースで、高知県大川村のことが出ていますね。

今朝の新聞記事にも大川村のことが載っていました。記事には、昨日6/12に開かれた大川村の村議会で同村長が「村総会」の設置について検討を始めることを正式に表明したとの内容です。

大川村は高知県の北に位置し、愛媛県との県境にある村です。村の人口は約400人でうち有権者は350人の村です。

今回の村総会との話が出たのは、次回2019年の村議会議員選挙において候補者が議員定数6人に満たない可能性が高いことから、総会の設置・運営を検討することとしたとのことです。

大川村は村なので村総会、これが町なら町総会ということです。これら町村総会は字のごとく、町と村にのみ認められた規定です。県や市では総会は認められていません。町村では条例によって、議会を置かず選挙権を有する者の総会を設けることができると地方自治法に規定されています。

地方自治法行政書士試験の受験科目の1つでしたので、私はかつて学習したことがありました。そのとき、町村総会ということを学習したのを覚えています。私がこの町村総会という文字を見たとき、議会の代わりに町村総会、こんなこと現実にあるのかな・・?と思いました。と同時に、住民が直接政治の取り決めをする直接民主主義、住民の意向が直接反映されていいなあとも思いました。

しかし、この町村総会を現実に考えないといけない自治体の大川村では、そうは言っていられないようです。

大川村は過疎地域なので高齢率はかなり高いようです。こうした村では若者も少なく、議員の成り手がいないそうです。なので、議員定数割れとなれば、村総会を考えなければならないということのようです。

これまで議会で議事を開くには定足数があります。この議会と同じく総会にも定足数があります。総会を開くには有権者過半数の出席が必要です。大川村のように高齢者が多い村では、総会にどれだけの人数が集まるか、定足数を満たすかとの問題もあります。病気で村外の病院に入院している人もいれば、施設に通所または入所している人もいるだろうし、総会に出席するための交通手段は確保できるのかとの問題もあります。出席数を増やすのは簡単そうで、実は大変なことですね。政治にかかわることと同視はできませんが、私の所属する行政書士会、支部総会もあれば県単位の総会もあり、これらは年に1度の大切な総会にもかかわらず出席率は低いです。委任状出席を含めようやく定足数を満たしているのが現状です。おなじく私の住むマンションの総会も同様の現象が見られます。

また総会は議会に準じるものとの位置づけですから、様々な議題を審議しなくてはなりません。この審議事項を熟慮してもらわなくてはなりません。そのうえで意見の集約ができるか。意見集約して賛成多数ならそのままの内容ですすめればいいが、修正となったときに修正案をその場で纏められるかなども課題ですね。議会であれば会期があるが総会では1日で決議していかなくてはならず、出席者(有権者)の負担も大きいものとなるでしょう。

総会設置には、こうした多くの問題をクリアーしなくてはなりません。

私が地方自治法を学習したときには、ここまでの問題を考えたことはありませんでした。単に総会、との条文とその内容を調べただけでした。

今回、大川村の村長さんが表明しましたが、村長さんの考えとしては、当然ながら村総会に移行したくはないとの思いがあるようです。そのうえで、もしもに備え想定外の想定をしておく必要があるとの考えから、今回の表明に至ったようです。

町村総会はこれまでに東京都の離島の地区(人口は約60人)で1度だけ、しかも50年以上前に実施されたことがあるようです。

今後、日本の過疎地域では、大川村と同じような事態が起こる可能性はあります。そうしたときに、各自治体はどうしていくのか、そして住民はどのように町政・村政に関わっていくのか、これは自分の住む町村の行く末に直結することなので、行政だけでなく住民も一緒になって慎重に検討していくことが望ましいのでしょうね。

今後の大川村の動向に注目したいです。 

はじまりました「法定相続情報証明制度」

行政書士がおこなう仕事の中で、相続手続があります。今回は、この相続手続に関しての新しい制度が始まったことがありますので、ご紹介します。 

今日、平成29年5月29日から「法定相続情報証明制度」が、全国の法務局でスタートしました。

これまでの相続手続においては、相続を証する書面として亡くなられた方(被相続人)の出生から死亡までの連続する除籍謄本、相続人の戸籍謄本の一式を相続手続をしようとする窓口(金融機関や証券会社、法務局など)に提出していました。

相続手続をおこなう窓口がいくつもある相続人の場合は、その都度、複数の窓口へ相続を証する書面の戸籍謄本の束をすべて出さなくてはならず、手続をしようとする相続人あるいは遺言執行者にとっても大変な労力でした。また複数の戸籍謄本を用意していないのが通常で、この場合は一つの申請中の窓口(金融機関等)での手続きが終わるまで、次の窓口(金融機関等)へ別途相続手続をおこなうことができませんでした。

一方で相続手続の窓口(金融機関等)においても、その都度提出された戸籍によって相続人が確定しているかの判断をしなくてはならず、お互いに時間と労力を要していました。

実際に私がこれまで相続手続をおこなってきたときにも、すべての窓口(金融機関等)にそれぞれ提出し、その窓口で相続人確定のため待たされたり、金融機関によってはこちらが用意したコピーは受け付けず自行でコピーを取るというところもあり、そのコピーをとるために待たされることもしばしばあり、時間と労力を要すると感じていました。

今回始まった「法定相続情報証明制度」を利用するには、登記所(法務局)に戸除籍謄本等の束を提出し,併せて相続関係を一覧に表した図(「法定相続情報一覧図」)を提出すれば,登記官がその一覧図に認証文を付した写しを無料で交付してくれます。

この法務局への申出は、相続人のほか、弁護士、司法書士行政書士などの資格者が代理人となって行うことができます。 

この申出により、「法定相続情報一覧表」の交付を複数枚受けておけば、その後の相続手続は、「法定相続情報一覧図」の写しを利用でき、戸除籍謄本等の束を何度も出し直す必要がなく、また同時に複数の窓口(金融機関等)にも提出することができ、相続人(または相続手続の代理人)にも、窓口(金融機関等)にとっても、互いに相続手続の負担軽減と迅速な相続手続ができることになり、双方にメリットがあると思われます。

サ高住をご存知ですか

こんにちは。

みなさんは、サ高住という言葉を聞かれたことはありますか。サ高住とは、サービス付き高齢者向け住宅のことを言います。

このサ高住に関して、少し前のことですが朝日新聞の記事がありました。

朝日新聞の記事では、2015年1月~2016年8月までの間に、サ高住での事故が3千件を超えたというものです。事故で多かったのは、骨折で1337件。事故の半数以上の1730件が個室で起こり、そのうち991件は職員が手薄になりがちな午後5時~翌朝午前9時に起こったとのことです。サ高住では一日一回の安否確認が義務付けられていますが、入居者の9割近くの人が要介護認定を受け、その中でも要介護3以上の重症度の人が3割近くを占めているそうです。そして認知症の人も多く入居されています。

この入居者状況から私が個人的に思うのは、一日一回の安否確認では少ないのではということ。1回だけでは物足りなく不安さを感じます。

サ高住に入居する人は、必要に応じて介護事業者と契約することで必要な介護サービスを受けることができます。しかし、(頭がしっかりしていて判断ができる)身体の不自由による要介護の人はともかく、認知症の人が自身の判断で必要なサービスを選択することなどほぼ無理でしょう。仮に家族の人が代わってサービスを選択し契約したとしても、一人での生活はどうなのでしょうか。また家族がいても親身に献身的にお世話をしたり、通所して本人の状況を判断してくれないのであれば、そういった人の下でなされた契約は本当に本人が必要とする介護契約が結ばれているのかも疑問です。

このような下でサ高住に住む高齢者が心配です。グループホームなら施設の人の目が行き届くでしょうが、個室にて生活するのは難しいでしょうね。

それでもサ高住は、増えています。そして運営母体は株式会社などの営利法人の数が増えています。

要介護や認知症の人でも、これまでの人としての尊厳を大切にと考えれば、普通の暮らしに近いサ高住がいいのかもしれませんが、人の思い、考えはそれぞれです。

私は妻とともに母の介護をしています。こうしたことから介護をする人の大変さや介護の仕方などを考えることがあります。そしてそれは自分自身や家族の将来にも考えが及ぶこともあります。

今後何年もすれば自分たちも将来どうなるか分かりません。自分や妻がその立場になったときはどういう選択をするのか、子どものためにどうしておくべきかなど、考えさせられる記事でした。そして、今後のことをこれからも模索していかなくてはならないと感じました。

灘のだんじり祭り2017

今日は5/14(日)です。

事務所のある灘区では、「灘のだんじり祭り」が行われています。

だんじりが、王子公園からJR六甲道の南側にある六甲道南公園まで巡行されてきました。現在(ただいま14:30)は公園に5基のだんじりが集まりました。5基のだんじりは実に見ごたえありますね。

f:id:gyouseiyamada:20170514142639j:plain

(ちなみに、だんじりの後ろには、当事務所があります)

f:id:gyouseiyamada:20170514142649j:plain

見物にきている人もたくさんいました。

このあと、15時までは5基揃っただんじりを見ることができます。その後、だんじりは各地区に戻るそうです。

また、本日は公園で「灘のだんじりマルシェ」も同時開催されています。

f:id:gyouseiyamada:20170514143002j:plain

今日は昨日とは違っていい天気で、お出かけにも、まつりにもいい天気ですね。

 

鯉のぼりは・・・

先日の5/4ブログに掲載した写真、この説明に誤りがありました。

f:id:gyouseiyamada:20170504124646j:plain

当初の説明では、「北野天満神社までの道中にあるメディセオという会社の鯉のぼり」と書きましたが、会社の鯉のぼりではないそうです。

メディセオの会社の人が、「うち(会社)のではないんです」とのこと。誰のかは??

 

ところで、みなさんはどれだけ鯉のぼりを見ましたか?

最近は鯉のぼりをあげている家が少なくなったと思いませんか。私が子どものころは(もう何十年も前のことですが)、どこでもよく鯉のぼりを見ました。それが今ではめっきり減りました。子どもの数が減少していることや、鯉のぼりのポールを立てるだけの広さのある庭付き住宅も少なくなりました。また上げることが手間だということもあるかもしれませんね。歌にある「屋根より高い鯉のぼり」はどこへやら。

生活していても感じます。新聞やニュースでも耳にします。実際に子ども(満15歳未満)の数は明らかに減っていることを。

総務省統計局の発表によると、35年連続で減少しているそうです。人数はというと、平成28年は1578万人です。これは昭和55年の2752万人と比べると1174万人もの減少です。この減少した数字をみると、ほんとうに驚きですね。

この数字が物語るように、日本は少子高齢が進みました。ちなみに65歳以上の高齢者の人口が総人口に占める割合を高齢化率といいます。日本における高齢化率は、昭和45年は高齢化社会、平成6年には高齢社会、そして平成19年に超高齢化社会に入りました。

ここからも分かるように、高齢者が急速に増えるいま、長寿の高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせることが必要ですね。

子どもの話題から逸れましたが、日本がいい社会になってほしいです。

五月花形歌舞伎座

ゴールデンウイークの5/6、大阪にある松竹座へ行ってきました。松竹座に来たのは2回目です。

松竹座では、大阪松竹座新築開場20周年記念の五月花形歌舞伎が開催されていました。このチケットを普段からお世話になっている方から譲っていただき、行ってきました。

この日は、夜の部で、中村勘九郎さん、中村七之助さん、市川猿之助さん、市川猿弥さんなどが出演されていました。

演目は、1つ目が野崎村、2つ目が怪談乳房榎です。

野崎村では、七之助さん演じるお光さんの結婚、花嫁になる喜びやかわいい仕草がいとおしく、しかしその後に結婚できない立場となり尼さんへと転身し、自分の気持ちを押し殺す心情がうまく演じられていました。

つぎの怪談乳房榎では、勘九郎さんが三役を演じました。この役を早替りで交代していく姿は驚きでした。そしてそれぞれの役を演じ切る、素晴らしく感動しました。また浪江役を演じる猿之助さんの憎たらしさもうまく表現されていて、見る者を引きつけていきます。また、この見どころの一つでもある本水を使っての滝つぼでの立ち廻り、これを勘九郎さんが舞台(演者)側だけでなく観客側も一体となるよう臨場感あふれる演出をされており、これがまた素晴らしかったです。その後の仇討ちの太刀さばきも迫力ありました。

普段は歌舞伎を見る機会はほとんどなく知識もない私ですが、そんな私が見ても見てよかったと思えるのは演者の方や演出など、すべてにおいて完成されたものなんでしょうね。

鑑賞の機会をいただき、ありがたかったです。そして、ほんとうに見に来てよかったです。ゴールデンウイークのいい一日を過ごせました。

f:id:gyouseiyamada:20170507141450j:plain

(開演前の劇場内の様子)