gyouseiyamada’s blog

神戸の行政書士山田義範のブログです。ホームページはhttp://www.gyouseiyamada.jp/です。

西宮市献血大会

今日2/17、西宮市勤労会館において、第47回西宮市献血推進大会がありました。

そこで、献血推進に貢献した人に対しての表彰式がありました。私は前職で西宮市内にて勤務していたときに、献血をしていました。これにより、表彰をしてもらえたようです。

f:id:gyouseiyamada:20170217172632j:plain

 この献血推進大会で表書式の後の第2部、いきいき体操というのを作業療法士の方が見本をしめされ、会場のみんなで簡単な体操をしたのですが、なかなかできませんでした。右手と左手とで違う動きをする。一つの動作は簡単でも、両方が組み合わさるととたんに難しくなって、スムーズにできない。みんな笑ってごまかしながらしていました。私もですが。こういう普段とは違う動きをすることが、大切だとの話を聞きました。

引き続き、講演。講演されたのは松下さんといって、平成21年に37歳という若さで急性骨髄性白血病にかかり、骨髄移植を受けた高校教師です。病気の体験をもとに、「命の大切さ」を伝える活動をされています。松下さんのお話で、献血の大切さがありました。血は人工的に作ることはできない、献血は人の命をつなぐ大切なものであると訴えられていました。若い30代未満の献血離れが懸念されています。今後、輸血を必要とされる方が輸血を受けられない、血液の不足が心配されています。このため、松下さんは若い世代の高校生を中心に献血の大切さを伝える活動をされています。

家族や周りの人の支えがあり、長い闘病生活にも耐え、乗り越えてきた。そしてドナーが現れ移植がうまくいき、今がある。とても深く重たい感情の入った講演でした。できる役割は人それぞれです。松下さんは献血ができませんが、人に伝えることはできます。人に伝えることができない人で献血できる人もいます。またいずれもできなくても、献血会場で人を集める役割もあります。人は自分ひとりでは微力かもしれませんが、何かしらの形で協力することはできます。私も何かで人の役に立てる、そして人の命、尊さを思いくみ取ることができるようになりたいです。

民泊

今朝の読売新聞にこんな記事がありました。

「民泊」の制度化のための新しい法律つくりに関する記事です。

民泊は、自宅やマンションの空き室などに観光客を有料で宿泊させることです。

この日数を、法律で年間180日を上限とし、各自治体が条例の制定により180日よりも短い日数(引き下げること)を設定することも可能にする方針で検討中とのことです。

民泊については現在、特区(東京都大田区大阪府)に限って認められています。

民泊の対象施設となるには、都道府県知事(保健所)の 認定を受けることにより、旅館業法の適用が除外され、民泊営業が可能となります。

今後は全国的に解禁することで、外国人観光客増加に伴う宿泊施設の不足解消を図る考えのようです。

とはいえ、観光客増加の傾向は、限られた地域だけのような気もしますが、そう感じるのは私だけでしょうか。観光客の減っている町や村では、この民泊はあまり関係のないような気もします。そんなところで民泊を可能にすると、かえって地元の旅館業の衰退も見られるのではとの懸念もあるようです。その声を聞くと、全国的に宿泊施設の不足と考えるのはどうかなあとも思います。

今後の民泊のすすむ方向性を見守ってみたいです。

神戸新聞記事より・・・遺贈

神戸新聞の記事で、遺産で社会貢献広がるとの見出しがありました。

相続が開始するというのは、人が亡くなった時点でその人の財産(積極財産:プラスの財産、消極財産:マイナスの財産)が法定相続人へと引き継がれます。

亡くなった人を被相続人といいますが、被相続人が相続人以外の人や団体に財産をあげたい、寄付したいと生前に考えていたら、遺言によってその行為を実現することができます。自分をお世話してくれた人や施設、あるいは自分が取り組みたいと思っていた事業に関連する団体など、様々なところへ財産を渡すことができます。人が亡くなった時に第三者へ財産がわたること、これを遺贈といいます。

遺贈がふえつつある背景として、生涯未婚の方の増加、子の出生率の低下もあり、配偶者や子の相続人がいない人も増えてきました。子や親がいないと兄弟姉妹が相続人となります。兄弟仲が悪く疎遠であっても法定相続人であれば財産はその兄弟姉妹にいきます。兄弟姉妹もいなければ国庫に帰属します。被相続人の財産が国にわたってしまうということです。

生前に遺言を書いておけば、あげたい人、施設、団体に財産がわたります。これにより社会貢献できることも考えられます。

最近は遺言を書く人も増えつつありますが、まだまだです。実際にご自身の周りで遺言を書いたよという人を聞くことは殆どないのではないでしょうか。

遺言で自分の思いを残すことは大切だと思います。ぜひ遺言を書いてみてはいかがでしょうか。

そろそろ確定申告の時期ですね

もうすぐ確定申告の受付が始まりますね。

2/16受付~3/15までの申告です。

今日は、行政書士会での確定申告の勉強会がありました。

減価償却の仕方や、申告書の各項目の説明、見方など。

申告書の作成は大変と言いますが、日々の仕訳をためず、短いサイクルできちっと記帳していれば、そんなに大変ではないとの話でした。そろそろ確定申告書を作らないと。

介護リフレッシュ教室

あんしんすこやかセンターでは、介護リフレッシュ教室というものを開催しています。これは、認知症高齢者や要介護高齢者の方を介護している家族を対象に、日ごろの介護での悩みや体験を話し合い、互いに交流することで、介護している人の精神的負担を少しでも軽減できるようにと開かれています。わたしも参加してきました。

お互いの置かれている状況、そして介護に携わる苦労や工夫点などを自己の経験をもとに話し合うものです。

互いに共感できる点が多々あり、参考になりました。そして話すことで確かにリフレッシュできました。

定期的に開かれるそうなので、今後も参加してみようと思っています。

ユキマサくん

f:id:gyouseiyamada:20170201181337j:plain

このネコちゃん、名前は「ユキマサ」くん。

行政書士連合会の公式キャラクターです。

行政(ぎょうせい)はユキマサとも読めますね。

行政書士の仕事や活動を宣伝してくれています。かわいいシールでしたので、みなさんにご紹介です。