読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gyouseiyamada’s blog

神戸の行政書士山田義範のブログです。ホームページはhttp://www.gyouseiyamada.jp/です。

民泊

今朝の読売新聞にこんな記事がありました。

「民泊」の制度化のための新しい法律つくりに関する記事です。

民泊は、自宅やマンションの空き室などに観光客を有料で宿泊させることです。

この日数を、法律で年間180日を上限とし、各自治体が条例の制定により180日よりも短い日数(引き下げること)を設定することも可能にする方針で検討中とのことです。

民泊については現在、特区(東京都大田区大阪府)に限って認められています。

民泊の対象施設となるには、都道府県知事(保健所)の 認定を受けることにより、旅館業法の適用が除外され、民泊営業が可能となります。

今後は全国的に解禁することで、外国人観光客増加に伴う宿泊施設の不足解消を図る考えのようです。

とはいえ、観光客増加の傾向は、限られた地域だけのような気もしますが、そう感じるのは私だけでしょうか。観光客の減っている町や村では、この民泊はあまり関係のないような気もします。そんなところで民泊を可能にすると、かえって地元の旅館業の衰退も見られるのではとの懸念もあるようです。その声を聞くと、全国的に宿泊施設の不足と考えるのはどうかなあとも思います。

今後の民泊のすすむ方向性を見守ってみたいです。