gyouseiyamada’s blog

神戸の行政書士山田義範のブログです。ホームページはhttp://www.gyouseiyamada.jp/です。

待ったなしの認知症対策

 昨日2/19兵庫県医師会主催の認知症医療全県フォーラム―待ったなしの認知症対策―がありました。私は医療従事者ではないので詳しいことは分かりませんが、県民だれでも参加可能とのことで、自分の知識(とは大げさなのですが)になればと思い、参加しました。

 話のなかで、認知症には遺伝要因と環境要因があるとのこと。

 この遺伝要因+環境要因がある領域に達すると認知症を発症する。遺伝要因だけで発症する人は0.5%と稀だそうです。遺伝要因を多く持っている人でも環境要因に起因するものが少なければ発症しない。同じく環境要因を多く持っている人でも遺伝要因が少なければ発症しない。

 いずれにせよ、発症を防ごうとするには環境要因に起因するものを少なくしなければなりません。環境要因としては、生活習慣病のリスクをいかに減らすかということが大切です。糖尿病や高血圧といったメタボが危険要因の一つなので、生活習慣病にならないためにも規則正しい生活、適度な運動、食生活などに気をつけなくてはなりません。こうした予防は65歳未満までに徹底的に行うことで効果が大きいそうです。認知症の予防にはやるべきこと、できることがたくさんあるとのこと。

 でも認知症になったとしても、認知症を正しく理解し、早期に気づくことが大切で、その症状に合った治療を受けることが大切だそうです。

 私の生活はどうなんだろうと考えると、もう少し危険因子を減らす努力を今のうちからしておかないといけないと思いました。