読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gyouseiyamada’s blog

神戸の行政書士山田義範のブログです。ホームページはhttp://www.gyouseiyamada.jp/です。

鯉のぼりは・・・

先日の5/4ブログに掲載した写真、この説明に誤りがありました。

f:id:gyouseiyamada:20170504124646j:plain

当初の説明では、「北野天満神社までの道中にあるメディセオという会社の鯉のぼり」と書きましたが、会社の鯉のぼりではないそうです。

メディセオの会社の人が、「うち(会社)のではないんです」とのこと。誰のかは??

 

ところで、みなさんはどれだけ鯉のぼりを見ましたか?

最近は鯉のぼりをあげている家が少なくなったと思いませんか。私が子どものころは(もう何十年も前のことですが)、どこでもよく鯉のぼりを見ました。それが今ではめっきり減りました。子どもの数が減少していることや、鯉のぼりのポールを立てるだけの広さのある庭付き住宅も少なくなりました。また上げることが手間だということもあるかもしれませんね。歌にある「屋根より高い鯉のぼり」はどこへやら。

生活していても感じます。新聞やニュースでも耳にします。実際に子ども(満15歳未満)の数は明らかに減っていることを。

総務省統計局の発表によると、35年連続で減少しているそうです。人数はというと、平成28年は1578万人です。これは昭和55年の2752万人と比べると1174万人もの減少です。この減少した数字をみると、ほんとうに驚きですね。

この数字が物語るように、日本は少子高齢が進みました。ちなみに65歳以上の高齢者の人口が総人口に占める割合を高齢化率といいます。日本における高齢化率は、昭和45年は高齢化社会、平成6年には高齢社会、そして平成19年に超高齢化社会に入りました。

ここからも分かるように、高齢者が急速に増えるいま、長寿の高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせることが必要ですね。

子どもの話題から逸れましたが、日本がいい社会になってほしいです。