gyouseiyamada’s blog

神戸の行政書士山田義範のブログです。ホームページはhttp://www.gyouseiyamada.jp/です。

はじまりました「法定相続情報証明制度」

行政書士がおこなう仕事の中で、相続手続があります。今回は、この相続手続に関しての新しい制度が始まったことがありますので、ご紹介します。 

今日、平成29年5月29日から「法定相続情報証明制度」が、全国の法務局でスタートしました。

これまでの相続手続においては、相続を証する書面として亡くなられた方(被相続人)の出生から死亡までの連続する除籍謄本、相続人の戸籍謄本の一式を相続手続をしようとする窓口(金融機関や証券会社、法務局など)に提出していました。

相続手続をおこなう窓口がいくつもある相続人の場合は、その都度、複数の窓口へ相続を証する書面の戸籍謄本の束をすべて出さなくてはならず、手続をしようとする相続人あるいは遺言執行者にとっても大変な労力でした。また複数の戸籍謄本を用意していないのが通常で、この場合は一つの申請中の窓口(金融機関等)での手続きが終わるまで、次の窓口(金融機関等)へ別途相続手続をおこなうことができませんでした。

一方で相続手続の窓口(金融機関等)においても、その都度提出された戸籍によって相続人が確定しているかの判断をしなくてはならず、お互いに時間と労力を要していました。

実際に私がこれまで相続手続をおこなってきたときにも、すべての窓口(金融機関等)にそれぞれ提出し、その窓口で相続人確定のため待たされたり、金融機関によってはこちらが用意したコピーは受け付けず自行でコピーを取るというところもあり、そのコピーをとるために待たされることもしばしばあり、時間と労力を要すると感じていました。

今回始まった「法定相続情報証明制度」を利用するには、登記所(法務局)に戸除籍謄本等の束を提出し,併せて相続関係を一覧に表した図(「法定相続情報一覧図」)を提出すれば,登記官がその一覧図に認証文を付した写しを無料で交付してくれます。

この法務局への申出は、相続人のほか、弁護士、司法書士行政書士などの資格者が代理人となって行うことができます。 

この申出により、「法定相続情報一覧表」の交付を複数枚受けておけば、その後の相続手続は、「法定相続情報一覧図」の写しを利用でき、戸除籍謄本等の束を何度も出し直す必要がなく、また同時に複数の窓口(金融機関等)にも提出することができ、相続人(または相続手続の代理人)にも、窓口(金融機関等)にとっても、互いに相続手続の負担軽減と迅速な相続手続ができることになり、双方にメリットがあると思われます。